書類選考・面接

【自己分析の重要性】転職成功には自己分析を|性格・能力を正確に把握してアピール!

皆さま、はじめまして!こんにちは!

優しい転職の知恵ブログのユタカです。

 

本ブログでは

はじめての転職で役立つ知恵をお届けしています!

■実際に企業の採用担当10年以上の

転職に関する役立つ知恵など痒い所に手が届く情報を公開中!

 

本記事の紹介内容

転職活動を始める際、まず何から始めますか?
もちろん「自己分析」から始めていますよね?

自分はどんな性格で、どんなスキルを習得していて、周りからどんな人だと思われているか、説明できれば、とりあえず土台の自己分析はできているといえるでしょう。

自己分析をしっかり行うことが転職成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。
持論ですが・・・。

相手に良い印象を与えるには、どのように自分をアピールすればいいのでしょうか。
すべては「自己分析」から始まっていきます。

この記事では、自己分析の重要性について解説していきます!

 

 

自己分析の重要性

「あなたは今までどんな経歴をたどってきましたか」

面接ではよく聞かれる質問です。自己紹介に近いものですね。

正直、履歴書を見れば済む話ですが、あえて質問として投げかけられるのはなぜでしょう?
それは、あなたがあなた自身のことを理解しているかを把握するためです。

深堀していくと、あなたが自分の能力を把握し、その上で応募してきているのかが見えてきます。単純な動機で応募してきていないかを見抜くのに使われる質問です。

面接官に”熱意”を理解してもらうためにも、”自己分析”した上でのアピールが重要であることを知りましょう!

 

自己分析で見えるてくること

自己分析の一つ、「キャリアの棚卸し」を行うと、自分の強みこだわりやりたいことがくっきりはっきりと見えてきます。

きちんと自己分析ができていない状態で転職をスタートしてしまうと、方向性が定まらず、迷走してしまうというのはよくある話。気づいたら給与額だけで応募先を選んでしまったりします。

たとえ高い給与でも、あなたの能力ややりたいこととズレていれば、面接で見抜かれて終了です。

自分の長所や現時点の能力をはっきりさせるためにも、自己分析を行って、自分に対しての理解を深めましょう。

 

転職の目的を明確にするためにも自己分析は重要

転職に役立つ情報、履歴書・職務経歴書の書き方などのサイトや書籍は様々あります。

もちろん、書類選考を通過するのは最初の関門です。
転職活動系の書籍には、転職成功のために目を引く履歴書の書き方などがたくさん掲載されています。

しかし、転職の本来の目的はそこではありません。
選考を通過すれば、どんな会社でもいいわけではありませんよね。

転職をする時には、自分が今までしてきたことをじっくり客観的に考えてみることが何より重要です。これが自己分析です。

短期間に何度も転職を繰り返す人の大部分は、転職活動を開始する時点の自己分析が不十分であったと考えられます。

きちんと自己分析を行った上で、自分には”どんな長所があり”、”どんなスキルがあって”、”どんな会社に”、”どんな形で戦力になれるか”を明確にしていくことが必要です。

それが、転職の本来の目的に繋がるというわけですね!

納得いくまで自己分析をして、転職の方針を決めましょう。

 

経歴の棚卸しをして”自分という人間”を知る

転職のための自己分析とは、具体的にどのようなことをしていくべきなのでしょうか。

自己分析の重要なポイントは、”自分という人間をより深く知ること“です。

その上で、まずすべきことは「経歴の棚卸し」です。
過去に自分が携わった仕事・業務、自身が達成した実績などを一つ一つ挙げていきます。
過去の経験や、周りから高い評価を受けたことなどを、思い出してまとめましょう。

このステップを踏むことで、自分にどういった能力がありどんなことにやる気が出るのかがはっきり見えてきます。

 

・あなたはなぜ転職したいのですか?

・あなたはどういう仕事に就きたいのですか?

 

これらの問いに対する答えも自己分析に繋がります。

自分の転職活動は何を重視していきたいのかを改めて考え直し、結論を出しておくことも重要なこといえます。

 

あなたが転職活動の末に手に入れたいものはなんでしょう?

・働きたい場所はどこ?

・月収・年収は最低いくら欲しい?

・フレックスで働きたい?

・リモートワークor出勤?

 

質問攻めにしてごめんなさい・・・。
でも、これぐらいのことは最低限、明確にしておくべきことなのです。

目的が曖昧なままで、転職活動で戦っていけません!
面接で熱のこもったアピールはできません!

細部まで確認し直すことによって、どんな仕事をしたいか、どんな企業で働きたいかが明確になります。

様々な角度から自己分析をすることで、転職活動で達成すべき本当のゴールが見えてくるはずです。

 

整理が苦手という人は『マインドツリー』を活用してみましょう!

リベラル大学の両学長や有名ブロガーのヒトデさんが、YouTube動画の中で使用しているのを見たことある方もいるかもしれません。

マインドツリーという、思考整理ツールを利用すると、棚卸しが効率的に進み、最終的に文字と形に残るので、いつでも見返すことができる優れものです!

 

 

自己分析を生かした転職活動

転職活動の過程で、自分自身の過去の整理(棚卸し)をする意味と、自己分析した内容を面接で生かす方法について考えていきましょう。

棚卸しをする意味を考える

「これまでに自分が積み上げてきた経験やスキルを説明できますか?」

聞かれて初めて気づくことが多いですが、この質問、意外と答えられない人が多いです。
これらは、自分自身のことを1から棚卸ししていくことで見えてきます

自分の経験が明確になり、今持っているスキルが見えてくると、次は”自分がどんな業界に向いているか“もわかってくるはずです。

これらの情報は、応募する企業を選ぶ際にとても役立つ情報となります。

さらには、自分の過去を棚卸しして整理されたことで、自分のことをある程度語れるようになっていると思います。

語れるようになれば、それは面接でも十分武器になりますね。

このように、棚卸しをしっかり行うことで、転職活動全体で役立つ情報が手に入ることにもつながるのです。

これは転職活動を始めると同時に、早急に手を付けていきましょう!

 

棚卸しをする意味

どんな業界に、どんな仕事が向いているのかが明確になる

自分のことを語れるようになる

⇒転職活動を通じて、とても役に立つ情報やスキルになります。

 

自己分析を面接に生かす

面接で求められることは、自分は会社の戦力になりえることを、会って間もない人・・・・・・・・に伝えることです。

採用担当者に向けて、自分は”求人に記載されていた仕事の内容をこなせる人材である“ことを理解してもらう必要があるのです。

アピールする材料となるのは、自分を売り込むための自己分析の結果です。

言ってしまえば、面接の場で語れることなんて”これまでの経験について“しかありません。
自分語りができなければ、採用される可能性はグンと落ちてしまうと考えてよいでしょう。

 

だからこそ、求人で”志望動機不要”とは”過去の経験問いません”と謳う企業は、人手が欲しいだけのブラック企業である可能性は高いといえるのです。

 

今まで担当してきた仕事が”なぜ成功したのか””どのような能力が役立ったのか”を頭をフル回転して掘り起こしましょう!

逆に、うまくいかなかった仕事に対しては、自分の”どんな点が失敗に関わっていたのか””改善する方法はなかったのか”などを調べていくことが大事になります。

 

今までで一番大きな失敗はなんですか?

多くの面接で聞かれることになると思います。
別にあなたの失敗を掘り出してつつこうとしているわけではありませんよ!

その失敗をただの失敗ととらえて”何もしなかったのか”、”改善策を見つけようとしたのか””改善策を見つけることができたのか”。

あなたの”行動力”や”やる気”を知りたいのです。

あなたが成長する可能性を秘めているのかどうかは、この一つの質問で大きく見えてきます。

プラスの面だけでなく、マイナスの面の自己分析も必ず役に立ちます。
また、思い出すことができたのなら、言葉に出すことは意外と簡単にできるはずです。

転職活動の際には、面接にびくびくするのではなく、自己分析を入念にしておくといいでしょう。

 

自己分析で必ず用意しておくこと

ここからは面接でよく聞かれる質問を挙げていきます。

アドバイスも寄せていますので、ぜひ一つひとつに自分の自己分析の結果を当てはめてみてください!

なぜ転職したいと考えているのですか?

自己分析を出来ていないと「仕事が嫌になった」とか「人間関係が嫌になった」と答えてしまうでしょう。

これは、不採用一直線の回答です!

転職活動を行うという事は、現状を変えたい理由(不満)を抱えているはずです。
その不満をどうやって解決して来たのか?に尽きます。

何もしていないのに、ただ職場を変えているだけでは、結局どこへ行ってもまた逃げることになってしまいます。

不平や不満があるから転職活動をするのは問題ありませんし、間違っていません。
しかし、面接には何かしらの改善策をもって臨むべきなのです。

新しい組織の一員になる以上、自己解決力をアピールすべきなのです。

 

仮に入社したら、どう貢献できますか?

中途採用は新卒採用と異なり、ポテンシャルでの採用ではありません
即戦力としての採用である事を忘れないで下さい。

自身の経験や知識が、会社にどう活かせるのをよく考えて、伝えていきましょう!

 

転職理由(退職理由)の考え方について

現在の会社に中途採用で入社した人に「答えづらかった質問はなんですか?」と聞いてみると、「転職理由(退職理由)が難しかった」との返答が圧倒的でした。

全員(20名以上)に話を聞いた結果、以下を考えて下さい

 

嘘のエピソードはダメ!絶対!

転職をする以上、多かれ少なかれ不満があるでしょう。
その気持ち、面接官は痛いほど分かっています

だからといって、面接官に前職の愚痴を言っても何も解決しませんよね。

また、嘘は絶対に言ってはいけません。

嘘で一つの質問を乗り越えても、バレないようにするため、さらに嘘を作りだしてしまうことがほとんど。

そして、取り返しがつかない状況に陥っていきます。

嘘は多かれ少なかれ、バレてしまいます。中でも経歴詐称は絶対にいけません!
当たり前ですが、入社後にバレれば内定取り消し確実です。

 

プラスの姿勢で話をしましょう

転職フェア

面接になると、感情が顔に出がちです。
難しいとは思いますが、返答に困る内容を指摘されたとしても、まずは受け入れましょう。

感情的になってしまう気持ちは分かりますし、違うと反論をしたいと思う気持ちも良く分かります。ですがそこはグッと我慢が必要。

仮に、指摘されたことが自己分析できていない結果によるかもしれませんし、合っている事もあるかと思います。

面接は数をこなさないと慣れません。
面接は不平不満を述べる場ではありませんし、自信を持って面接官を逆に面接する位の余裕を持って望んで下さい。

 

本記事のまとめ|自己分析の重要性

本記事では、自己分析の重要性について解説してきました。

転職活動の際には必ずやってほしい自己分析

その理由としては下記の通り。

・自身のことを知り、転職の目的を明確にする

自分について語れるようにする

・面接で面接官に自分を理解してもらうための説得力を高める

どれも転職成功のために重要なことだとお分かりいただけると思います。

転職活動の際には、まずはじめに自己分析(棚卸し)を実行することで、転職活動を有利に進めることができます。

積極的に取り組んでいきましょう!

ブログ内関連記事

転職成功のカギ!『自己PR』の重要性を解説

【自己PRの書き方を解説】超重要!未経験の転職には「自己PR」|年代別の書き方皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...

 

転職を失敗しないために|気を付けるべき項目を解説

【はじめての転職】転職を失敗しないために|目的を明確に|自己PRと志望動機は重要!皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...