書類選考・面接

【自己PRの書き方を解説】超重要!未経験の転職には「自己PR」|年代別の書き方

皆さま、はじめまして!こんにちは!

優しい転職の知恵ブログのユタカです。

本ブログでは

はじめての転職で役立つ知恵をお届けしています!

■実際に企業の採用担当10年以上の

転職に関する役立つ知恵など痒い所に手が届く情報を公開中!

 

 

本記事の紹介内容

『自己PR』転職成功の重要なカギ

転職活動を行う上で必ず考えるべきは『自己PR』です。
自己PRで、いかに自分の価値を採用担当者に伝えられるかが、採用に直結するといっても過言ではありません。

本記事では「自己PRとはそもそもなんなのか」「作成時に注意すべきポイント」を詳しく解説します。

この記事を読んでいけば、あなたの価値が伝わる自己PRが書けるようになります!

 

自己PRとは?

自己PRは、転職を成功させるための重要な要素です。

希望職種への転職を叶えるには、どのような自己PRが必要なのでしょうか。
また、未知の業種へと転職を考える場合、どんな自己PRならば面接官に響くのか

思いつきで話せる内容ではありません。
時間を使って自己分析を行い、長所・短所を洗い出して、自己PRを作成しましょう。

 

未経験職種への転職は自己PRが重要

実際のところ、未経験職種に転職することは簡単ではありません。
自己PRであなたの魅力や能力をまっすぐに伝え、それを受け入れてもらう必要があるのです。

どのような形であれ、会社は”人材“という戦力を必要としています。

経験がある人はある人で、現場を硬直化させてしまうというリスクがあり、未経験の人のほうが、先入観を持たずに、会社にとって有益な行動をとるかもしれません。

一概に経験者が有利というわけではないのです。
このような時、経験以外に、面接官があなたの良し悪しを判断する手段の一つが自己PRになるわけです。

 

<基本>自己PRはこれを伝えよう!

自己PRでは以下のようなことを伝える努力をしていきましょう。

意気込み
「この会社に絶対に入りたい!」

あなたを雇うメリット
「自分にはこんなスキルがあって、こんなことに生かせる」

他の人にはない独自性
「他の人にはないこんな特技がある」

 

これらの内容を面接官に伝えて理解してもらうには、あなたがあなた自身を客観的に観察し本音の部分や能力を深掘りしていく必要があります。

自分自身のことを説明するのは意外と難しいもの。しかも、文章で伝えるならまだしも、面接では、恥ずかしさも相まって、事実とは異なる話をしてしまう人も多くいます。

自分のことを恥ずかしげもなくアピールするためには、練習をする必要があるでしょう。

 

自己PR作成には情報収集

自己PRを作成するために、インターネットなどを活用し、希望する企業についての情報を収集していきましょう!

その企業が欲しいと思っている人材と、自分との一致点を探し、自己PRに反映していくことでよりアピール力が高まります。

企業が欲しいと思っている人材を知るには、求人票はもちろん、企業のホームページ、口コミサイトの社員の声などの情報が役に立ちます。

より深い部分まで情報を得ることで、自分がどれだけ真剣にその企業に入りたいかを理解してもらうことができるでしょう!

加えて、今まで経験したことを結び付け、相手のメリットを考えて自己PRをまとめましょう。自己PRで、経験者を採用するよりもメリットが大きいことを主張するのです!

 

自己PRの組み立てを考える

どのような自己PRをするかは、転職活動では超重要です。
自己PRに失敗し、相手に自分の魅力を伝えられなければ、採用は遠ざかってしまいます。

履歴書に書く自己PR、または面接で自己PRの時間をもらえたら、今までの自分の経歴と、スキルや実績に合わせて、転職に至った考え方などを相手に伝えることを意識しましょう!

 

応募先によって自己PRの内容を変えよう

応募先によってセールスポイント(自分の”何を”相手に伝えるか)を変えるのが理想的です。

毎度、同じような自己PRをしていては気持ちも入らず・・・・・・・、それが相手に伝わってしまいます。「あ、この人、自己PR使いまわしてるな」とバレていたりします。

先にもお伝えした通り、自己PRは本来 企業のことを調べていないと作れないもの。
それを淡々と当たり障りのない言葉で語っていれば、面接官は気づいちゃいます。

それでも、手抜きをしてしまう人は結構いるわけです。私もそういう人をたくさん見てきました。
だからこそ、逆にキチっと自己PRを作り上げれば、それだけで周りより頭一つ抜きんでることができたりするのです!

絶対入社してやるという意気込みがあるならば、面倒くさがらず、自己PRを作ってみてはいかがでしょうか?

 

分かりやすい文章を心がける

PR文章読み手のことを考えて・・・・・・・・・・、分かりやすく、すっきりまとめたものにしましょう。

会社が欲しているスキルをメインに据えて、アピールポイントが明確になるような自己PR文章を考えます。

自分自身を相手に売り込む」イメージです。

過去に自分が取り組んだこと、過去の実績や、やり遂げた内容を、相手に伝わりやすい形に整えていきましょう!

 

「長文・小さい字」は絶対にダメ!

ここで一つ注意点。
自分のことをあれもこれも理解してほしいからといって、過去の経験をだらだらと書いてはいけません

採用担当者は大量に届く履歴書すべてを、じっくり読み込んでいる時間はありません。

小さい字でびっしり書かれた自己PRを見た採用担当者はどう思うでしょうか?
「文章能力が無い人」「相手のことを考えられない人」などマイナスの評価になってしまう可能性が高いです。

最悪、一切読まずに不採用行きです。

何度も言う通り、読み手のことを考えることが重要
それを肝に銘じて、自己PRを書いていきましょう。

 

過去の実績をうまく組み込みましょう!

自己PRでは、あなたが過去に積みあげてきた実績が、希望する職場でどのように生かせるかを主張しましょう!

また、自分の短所も、ネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えて、セールスポイントにしましょう。

自己PRでは、今保有しているスキルや資格なども役に立つでしょう。
転職を成功させるには、自己分析をしっかり行い、自分の価値を採用担当者にしっかり伝えていきましょう。

 

年齢別の自己PRを考える

何歳の時点での転職かでも、自己PRの内容は異なります。
同じ自己PRでも、これから社会に船出となる20代と、社会人人生も半ばの40代とでは条件やアピールすべきポイントが違います。

20代の自己PR

20代の場合、社会人経験が無いまたは経験が薄いため、アルバイトでの経験や自分の長所、短所といった新卒採用と同じような自己PRになってしまいがち。

中途採用は、新卒採用とはまた違う見方をされます。
これまでの実績や経験をまとめて、その上で・・・・新しい仕事でどのように生かせるのか“まで伝える必要があります。

若いからこそ、多くの経験を積んでいる方は一目置いてもらえる可能性が高いとも言えますね。

 

30代の自己PR

30代で自己PRを作成する場合も、実績があってのことです。

効果的な自己PRを作成するなら、過去の出来事を淡々と書くだけでは不十分です。どのようなことを成し遂げて、どんな実績を残したかを、筋道立ててまとめます。

お分かりいただけますでしょうか。
採用担当者から見て、あなたが戦力になれる人材かどうかを判断する基準が、自己PRであるといえます。

自己PRを作る時に大事なことは、相手に読んでもらえるようにシンプルに要点をまとめた自己PRの文章をつくることです。

 

40代の自己PR

40代の場合、キャリアが長いことはプラスに受け取られるが、仕事に対する考え方が固まってしまい新たなチャレンジがしにくのでは?と思われがちです。

自己PRを作成する時には、実績や経験だけでなく、新しい環境に飛び込む積極性や学ぶ姿勢を示すことも意識するといいでしょう。

 

以上のように、自分のことを相手に理解してもらうために、何歳の時点での転職活動なのかを考慮に含めて自己PR文をつくることが必要です。

 

 

本記事のまとめ|自己PRは超大事

本記事では、「自己PR」について詳しく紹介してきました。

転職活動を行う上で、自己PRの完成度は転職成功の重要なカギになっていきます。
必ず、応募する会社ごとに自己PRをしっかり考え、組み立てていきましょう。

また、自己PRを作成する際には、読み手(聞き手)のことを考えておくことが大事です。
あなたが伝えたいことをあれもこれも伝えていては、なかなか受け入れてもらえません。

内容のことだけでなく、読みやすさ(聞きやすさ)も意識しておきましょう!

 

ブログ内関連記事

面接で注意すべきポイント4選

【実はチェックされている】面接で注意すべきポイント4選|はじめての転職 成功の知恵皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...

 

転職を失敗しないために|気を付けるべき項目を解説

【はじめての転職】転職を失敗しないために|目的を明確に|自己PRと志望動機は重要!皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...