転職

【はじめての転職】成功への道|年代別の難易度を解説|20代・30代・40代・50代

皆さま、はじめまして!こんにちは!

優しい転職の知恵ブログのユタカです。

本ブログでは

はじめての転職で役立つ知恵をお届けしています!

■実際に企業の採用担当10年以上の

転職に関する役立つ知恵など痒い所に手が届く情報を公開中!

 

 

本記事の紹介内容

日本は今、大転職時代に突入しています。

そんな中、新規一転 転職をしたいと考えたけど「はたして成功するのだろうか?」と不安を拭えない方も多いのでは?

ですが、転職に対してマイナスのイメージを拭えないでいると、いつまでも良い職場に巡り合えません!

転職に対してはプラスのイメージを持っていた方が意欲、やる気も出て、「もっと良い会社を探してやるぞ!」という強い気持ちを抱くことができ、自身の成長に繋がります。

本記事では、”どのように転職活動をすれば成功に近づくのか“を紹介していきます。

最後まで読んでいただければ、あなたの転職を成功させることに必ず役立ちます。

読み終わったら即行動していきましょう!

 

『転職成功』は何を指すのかを知る

まずは、あなたが求める条件を明確にして”転職のゴール“を決定しましょう。

転職をしたからといって「定時に上がれるようになった」「給料が上がった」「休みが増えた」など、すべての条件が満たされることはなかなかありません

転職が成功したか失敗したかは完全に自己の満足度によるものです。

 

たとえば、転職したら「絶対に定時退社が良い」と目標を立てていて、
転職した際にその条件が達成できていれば、あなたにとって今回の転職は成功となります。

人それぞれ転職の際に求める条件が異なりますので、成功したかどうかも人それぞれ違うということです。

 

あなたにとっての成功基準を明確にする

なぜ、”成功基準を明確にしておくべき“と強く主張するのか、それは「転職活動をしやすくなる」からです。

具体的な目標が有るのと無いのでは、転職活動の過程また結果に大きく差が出てくるものです。

目標としている基準や条件がなにも無く転職しても、結果的にプラスにはならない可能性が高く、それは後悔することに繋がってしまいます。

何かしらの目的(給料アップキャリア形成などあなたにとって大切にしたいもの)を持って転職活動をすることが大切です。

転職をする理由をハッキリさせる

転職をしたい方は現職に何かしらの不満があるという方がほとんどです。

その不満を、一度全部 紙に書き出してみるのはどうでしょう?

不満をため込んでいると、転職で一番何を改善したいのか何をもって成功になるのかが曖昧になってしまいます。

あなたが現職の”何に対して強く不満を持っているか”を明確にするために、一つとして紙への書き出しは有効な手段になります。

解決できる不満なのか、どうしようも出来ない不満なのかを理解するだけでも、転職活動に対する姿勢が大きく変わってきます。

 

自分の長所・短所を知る

みなさんは、ご自身の強み弱みを理解できていますか?

面接でよく聞かれる、長所短所のことですね。
この質問をされたとき、客観的に見た自分をしっかり説明できますか?

これらを知ることで、もちろん面接対策に繋がります。
ですが、そもそもの話、転職する際にどんな職が向いているのか向いていないのかが見えてきたりします。

目指す職種を決定する際にも役に立つ情報となるわけです。

長所・短所を知る方法

今では、自分の長所・短所をチェックする方法もいろいろあります。

ネット上のサービスを利用して適職診断を行ってみたり、ハローワークで調べてもらう方法もあります。

ハローワークでの適職診断は、かなり詳しく調査してくれて、診断結果を出してくれるので、転職活動の際にも参考にすることが可能です。

自分自身が知らなかった強み・弱みを知ることにも繋がりますので、転職する際にはぜひやってみて下さい。

 

自己分析サービス

中途向け

・市場価値が分かる『可能性診断(ミイダス)』⇒コチラをクリック

・強みを見つける『グッドポイント診断(リクナビNEXT)』⇒コチラをクリック

第二新卒向け

・適職診断『キャリアパーク』⇒コチラをクリック

 

新たな強みが分かれば、面接でもアピールポイントとして使うこともできます。

無料のサービスも多いので、積極的に取り組んでいきましょう!

 

企業が求めている人材にマッチするのか

企業が転職者に求めるのは、基本的に”即戦力“になれるかどうかです。

ですが、中途でも”未経験可“としている求人は意外と多いです。
未経験の方でも可とする理由は、「育てる自信がある会社」だったり、「将来的に会社に利益を出せる人材になってくれるだろう」という”期待“からです。

また、企業が求めている項目に「女性」か「男性」の部分もやはりあります。
求人票には女性のみ募集男性のみ募集といった記載はできません。

ですが、職種によっては女性向き、男性向きはありますので、例えば女性の方が明らかに力仕事をしたいという場合は、応募する前に会社に問い合わせてみるといいでしょう。

企業側も聞かれれば、真摯に答えてくれるはずです。
直接話した方が”企業が求めている人材像“が詳しく分かりますね。

 

転職理由をよく見直す

転職が当たり前の時代になったとはいえ、転職回数が多い方はどうしても良い印象を持たれづらいです。

その場合は、転職理由を見直して、対策を考えるようにしましょう。
転職理由を良く見直してみると”あなたの苦手分野”が見えてきます。

たとえば、転職する理由の中で一番多いのは「人間関係の問題」。

転職理由に「人間関係の問題」を挙げる場合は、自分のコミュニケーション能力に問題があったのか、周りの雰囲気が悪かったから(陰口ばかり言っている など)なのかで、説明すべき内容は大きく変わります。

自分のコミュニケーション能力が低い場合、厳しい話どこに行っても同じ状況に陥ります
ぶっちゃけ、私もそうでした。

じゃあ、どうすればよいか。自分が変わるしかないですよね?

このような場合、面接では”どういった改善を行って”、”どのような効果があったか”をまとめて説明することで、「この人には改善する力がある」と好印象に運べたりします。

転職を繰り返している場合は、一度立ち止まってみて転職理由をよく考えてみましょう

きっと改善策の一つや二つは見つかるはずです。

それを実行して、結果をまとめて説明する。
マイナス要素をプラスに転換して、行動力をアピールできますね。

 

年代別で転職の難易度は異なる

20代の転職

20代は社会人として経験が浅いと判断されますが、”若さ“というのはそれだけで武器になり、企業に優遇されます。

また、まだ変な癖がついていないので、育てる方法を間違えなければ、将来的にも成長が見込めます。

そのため、20代の転職の難易度は低いです。

 

30代の転職

30代となると、ビジネス経験はしっかり積んでいるものと判断されます。

仕事に対する覚悟・責任感が備わっているため、育成の手間が大きく省けるのです。
同業種への転職であれば”即戦力“として迎えられるので転職しやすいです。

しかし、積んできた経験によっては”ただ年齢だけ重ねてきた人“と判断されることもあり、書類選考も通らなくなり始める年代でもあります。

今でこそ、『35歳転職限界説』もそこまで聞かなくはなりました。
しかし、年齢に見合った成長が見えない方や、変に自信過剰な方は目も当てられませんので、自分のことをよく見つめ直すことが重要です。

 

40代の転職

就職活動を40歳になってから行おうとすると、年齢がマイナス要因になります。

それまでずっと第一線で働いてきて、成果もあげ、評価もされている人が、意気揚々と企業に履歴書を送っても、「40歳を越えてるから」という理由で書類選考に漏れることは残念ながら当たり前にあります。

書類に目も通してもらえずに不採用なんてこともあり得るのです(悲)

昔と似た感覚で求人に応募しても、採用の見込みは極端に低いことは早々に理解しましょう。正攻法での転職では至難と言えるほど、転職活動に年齢は影響するのです。

書類選考をクリアして、その先の選考ステップに進める可能性をご存じですか?

40代の場合は10%くらいだとされています。
100社に応募して、やっと10社に面接をしてもらえるといった具合です。

仮に面接をしてもらったとして、不採用という結果しかなければ、時間的な損失も大きいですし、何より精神的につらくなってしまいます。

年齢に加えて、仕事をしていない期間が長い人は、ますます採用されづらくなっていることを意識して戦っていく必要があるでしょう。

 

40代の転職で求められるもの

40代となると、企業が求める”スキル“・”マネジメント能力“・”ビジネス経験“がなければ、転職はしづらくなる年代です。

今までの経験を活かせる職に転職するのであれば、まだ転職はしやすいです。

未経験の職に転職するのであれば、かなりの覚悟が必要です。
将来性を見込んでもらえなかった場合、書類選考通過もかなり難易度が高いです。
どれだけ意欲があるのかを示すことが大切です。

今までの仕事の経験をどのように生かせるのかを上手く伝えることができれば、採用してもらえる可能性もありますね。

 

 

50代の転職

年齢を重ねてからの就職活動は非常に難しくなるもの。

企業としても、40,50歳を越えてきた人が求人に応募してきても、それがたとえ超優秀な人でも採用しづらいものだったりします。

私も今まで50歳越えの方を面接してきました。(経理や総務募集で)

そのうちの多くの方が、ろくにアピールもせず、給料が安くてもいいから働きたいというような言動が目立ちました。

そういった人材を入れてしまうと、会社の士気にも影響しますし、仕事を振りづらくなり、結果ただ給与をもらう人になってしまうと目に見えてわかります。

本当に人手不足ならそういった人材でも一度は会おうと思っています。
が、普段の採用なら、書類選考の時点で不採用通知を出します。

 

50歳という年齢に達してから転職活動をするとなると、20代や30代の人を対象とした募集と比較して、求人の数自体も絶対的に少なくなります。
自分が希望するような仕事は、ほとんど見つからないと思っておきましょう。

そんな、厳しい転職を成功させるには、とにかく自身の経験や経歴を生かせる仕事を探すことです。自分の希望などは一旦置いておきましょう

 

50代の転職で求められるもの

50代で求められる仕事で多いのは、経験を基に行うマネジメントです。
数多くのマネジメント経験(できれば幅広い職種の人材を見てきた経験があれば尚良し)がある場合は、積極的にアピールしましょう。

営業経験などもアピールポイントにはなりますが、あくまでも会社の看板の下で挙げてきた成果です。「他の人でも同じような成果を出せたのでは?」というような指摘が来ても返せるぐらいの、あなたならではの実績があれば武器になるでしょう。

そして何より重要な打開策は、数をこなすこと
どこでもいいから採用してもらうというくらいの意気込みがないと、面接にすらたどり着けません。

 

前職の経験・技術を生かせる仕事にするか

転職の際に一番迷う部分でもあるのが前職と同じ業界に就職するかです。
いわゆる『同業他社への転職』というやつです。

新しい業種に転職して、ゼロから新しいことを教わるのはとても大変なことです。
しかも、年下の人が自分の先輩になる可能性が高くなり、プライドの高い方にとっては辛い状況になってしまうかもしれません。

そういった理由から、少しでも前職の経験を生かせる仕事に転職する方も多いのです。

しかし、前職がいわゆるブラックといわれる業界であり、ブラック労働から逃げ出したいならば、業界を変えることも視野に入れるべきといえます。

 

 

本記事のまとめ|転職成功のポイント

本記事では「転職を成功させるためのポイント」について紹介してきました。

今までの経験を生かせる職に転職する、全く経験したことのない業種に転職するのとでは、難易度が大きく異なるということがお分かりいただけたでしょうか。

大事なのは、ご自身を見つめ直す時間を設けること
年齢を重ねるごとに、これはとても重要な作業になっていきます。

企業にあなたの経験、能力を理解してもらえれば、選考をパスできる可能性が出てくるはずです。

今回紹介したことを意識して転職活動をしていけば、必ずあなたの転職を成功させる手助けとなります。

 

ブログ内関連記事

転職サイト『パーソル doda』メリット・デメリット解説

【転職サイト徹底解説】パーソルキャリア「doda」|メリット・デメリットをプロが解説!皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...

 

転職を失敗しないために|気を付けるべき項目を解説

【はじめての転職】転職を失敗しないために|目的を明確に|自己PRと志望動機は重要!皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...