転職

【はじめての転職】転職を失敗しないために|目的を明確に|自己PRと志望動機は重要!

皆さま、はじめまして!こんにちは!

優しい転職の知恵ブログのユタカです。

本ブログでは

はじめての転職で役立つ知恵をお届けしています!

■実際に企業の採用担当10年以上の

転職に関する役立つ知恵など痒い所に手が届く情報を公開中!

 

 

本記事の紹介内容

転職をしたいけど、どんなことに注意したらよいか、何から始めたらよいか、分からない事も多いもの。はじめての転職だと特にそう感じますよね。

転職で失敗したくないという気持ちは痛いほど分かります。
ですが、前職よりも良い会社に入れる方はハッキリ言って少数です。

良い会社に入るためには、応募しようとしている会社について詳しく調査し、正しい選択をしていく必要があります。

本記事では、転職を成功させるにはどんなことに注意してどのように転職を進めるべきかを解説します。

 

転職を失敗しないための活動指針

皆さんが転職活動をする理由はなんですか?

前職で嫌なこと不満に感じることが多くて転職しよう、そういった理由を抱えている方も少なくないと思います。

ですが、転職先でも同じような不満があっては”転職失敗”となってしまいます。

会社のことなんて、実際に入社してみないと見えない部分ばかりです。
それでも、少しでも”転職成功“できるように活動していきたいですよね。

ここでは、転職の手順転職に失敗しないための活動方法について解説していきます。

 

転職の目的を明確に

具体的な転職の目的を決めておくと、転職活動がスムーズに進む傾向にあります。

例えば「正社員として働きたい」「キャリアを築ける会社に行きたい」「全く経験したことがない仕事にチャレンジしてみたい」などです。

上記は表向きな理由としてはありですね。
ここでは、さらに深堀りしてみましょう!

まずは、あなたが転職したい本当の理由です。
現職の「仕事が合わないから」「給与が少ないから」「人間関係がうまくいかないから」などです。

表向きの理由としてはマイナスに捉えられてしまう内容です。
ですが、ご自身の中ではちゃんと理解、把握しておく必要があります。

この本当の理由こそ、達成すべき目的に変わるからです。

転職成功のために必ず自分自身を見つめ直し、本当の理由を洗い出しておきましょう!

 

 

 

応募したい企業の情報を徹底的に集める

応募したい企業が決まったら、その企業の情報を集められるだけ集めましょう

応募する企業の業界・業種についての情報を詳しく調査することで、あなたが本当にその業界に興味があるのかを再確認することができます。

さらに、情報を集めることは業界に詳しくなるというメリットがあり、その情報は面接の際に必ず役立ちます。

応募する企業が決まったら、会社のホームページや口コミサイトなど、徹底的に調査しましょう!

 

応募書類の自己PRや志望動機はよく考えて書きましょう

応募書類を作成する際に注意すべきことを知っておきましょう。
前職と「同じ業種なのか」「全く異なる業種なのか」によって、記載する内容が大きく異なることです。

前職と同じ業種に転職する際、その応募書類は比較的作成しやすいです。
前職での経験を生かせる」ということをアピールできるからです。

反対に、全く異なる業種に転職する際の応募書類はかなり作成するのに手こずるでしょう。「なぜこの業種に応募したのか」「前職での経験をどのように生かすのか」を企業側にアピールできるように記載する必要があるからです。

うまくアピールできれば良いですが、ただただ「頑張ります」などの精神論で乗り切ろうとする文章だと不利になってしまいます。

 

 

転職サイトとハローワーク どちらを利用する?

転職サイトとキャリアアドバイザーについて

転職を成功させるには、転職サイトまたはハローワークの利用は欠かせないものです。

今や、転職サイトは非常に数多く存在しており、その中からあなたに適したサイトを探しだすのは意外と難しいです。

求人数が多いだけでサポートが充実していないサイト、求人が少なすぎるサイト、検索機能がイマイチなサイトはおすすめできません。

さらに大切なのは、キャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーとは、あなたの就職を支援してくれるプロの方です。
しかし、相性が合わないと良い転職はできないでしょう。

 

 

ハローワークについて

また、転職活動で活用できるものにハローワークがあります。

ハローワークを利用する際は転職サイト同様にアドバイザーの方が提案してくれます。
基本的には、あなたが「どんな経験を持っていて」「何をできるのか」に合わせて提案してもらう流れです。「年齢」も大きく影響します。

転職サイトと同じように対応してくれると思われがちですが、ハローワークはあまりおすすめできない手段です。

理由として、とりあえずどこの会社でもおすすめしてくるからです。
私自身利用したことがあるのですが、正直、知識のない方がほとんどです。

興味のある企業について聞いても曖昧な返答をされたり、話をずらされたりすることもあるので、ハローワークはそれぐらいのものだと理解しておきましょう。

 

 

退職後に転職活動をするメリット・デメリット

退職後の転職活動における一番のメリットは”時間がある“ことです。

しかし、時間があるからといって何をすればいいのか、迷ったりもします。
具体的には、自己分析企業研究会社見学にじっくり時間を使うことができます。

ここはしっかり時間をかけないと、いい結果に結びつきません。
在職中にはなかなか難しいといえるでしょう。

 

では、逆にデメリットを挙げてみましょう。
経済的に不安定になる“”ブランクができる“ということです。

貯金がある方は当面の間 経済面の心配はないでしょう。
しかし、収入が止まっている状態は思った以上に精神的に良くないもの。気持ち的に焦りも出始めます。

ブランクに関して言えば、退職後あまりにも無職の期間が長いと、企業側に「働く意欲がないのか」と疑念を持たれてしまいます。

面談の際に間違いなく無職だった期間のことを聞かれますので、前向きな返答をできるよう対策しておきましょう。

 

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

在職中の転職活動における一番のメリットは、”ブランクがない””経済的不安が少ない”ことです。

無職にならないというだけで、精神的な不安を抱えなくて済むので、安心して転職活動を進めることができます。

では、逆にデメリットを挙げてみましょう。
現職の仕事のことを考えながら仕事を探す“”時間が取れない“ということです。

辞める際の引継ぎや辞めるタイミングを考えながら、逆算して活動する必要があります。

仕事をしながら転職をする場合、どうしても時間の調整に苦労します。
仕事をしながらの活動は、はっきり言って難易度は高いと思っておいた方がよいです。

 

転職を成功させるにはどうすればよいか

転職を成功させるために最も大切なことを知っておきましょう。
それは、”求職活動前に具体的にプランを立てる“ということです。

どんな企業に就職して、労働条件は何を重要視するかを明確にしておくこと。

これをしっかり意識しておくことで、あらゆる誘惑や選択を迫られても、迷うことなく転職活動を進められます。

 

転職した方がいい人・しない方がいい人

転職した方がいい人はこのような人です。

・上司からのパワハラやモラハラを受けている

・精神的に限界を迎えている

・労働条件に不満がある

など、今の職場に耐えられない不満を持っている人です。

 

とくに精神的に限界を迎えている方は、今後の人生においても重大な問題(うつ病)が起こりうるので、早急に転職すべきです。

また、すでに限界を超えている方は良い転職ができず、結果的に転職を失敗してしまう可能性が高いです。まずはゆっくり休んで体調を戻しましょう。

逆に転職しない方がいい人はこのような人です。

転職の目的が決まっていない

勢いだけで辞めようとしている

など、転職に対し具体的なプランがない人です。

なんとなく転職するのははっきり言って意味がなく、また同じような職場を選んでしまう可能性があります。

むやみに転職回数を増やすのは、今後のキャリアにも影響するので、絶対に避けましょう。

目的を明確にして転職活動を始めましょう!

 

本記事のまとめ|転職を失敗しないために

本記事では「転職を失敗しないためにはどうすればよいかについて紹介してきました。

転職をする際は、入念な準備心構えを持っておくことが大切であることをご理解いただけたと思います。

また、具体的なプランを立てずなんとなく転職するのは良くないので、しっかりと目的をもって活動していきましょう!

 

ブログ内関連記事

転職サイト『doda』メリット・デメリット解説

【転職サイト徹底解説】パーソルキャリア「doda」|メリット・デメリットをプロが解説!皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...

 

転職サイト『マイナビ転職』メリット・デメリット解説

マイナビ転職
【20~30代におすすめ】マイナビ転職の特徴や強みを徹底解説!便利コンテンツを紹介皆さま、はじめまして!こんにちは! 優しい転職の知恵ブログのユタカです。 【本ブログでは】 はじめての転職...